カタログ請求

ニコット(nicot)|注文住宅を手がける工務店ならニコット(nicot)

CASE

吹き抜けで家族がつながる、土間のある家

周辺と建物の幅を整えることで街のボリューム感に合わせつつも、少し重たい雰囲気の街並みに対して色や素材によって明るくし、軒と袖壁に木をあしらうことで優しく人を迎え入れるような表情を目指しました。また間取りの操作と各部屋の使い勝手、視線の抜けに合わせて窓を慎重に配することで、明るく四角いキャンパスがより軽やかで生命感あふれる印象になりました。
アンティークの革張りソファーなど家具も好きなものばかり、いままで頭に描いていた「居心地の良いカフェ風のリビング空間」が実現しました。
一般的には採光や高さを感じる機能としての吹き抜けを家の中心に据えることで、ほぼすべての場所から家族のつながりが感じられます。2F吹き抜け奥には、子供の成長に合わせて間仕切りをする2ドア1ルームの子供部屋が見て取れます。
こだわりを実現したお気に入りのモルタルのキッチン。「以前よりやる気が出るし、片づけも苦ではなくなりました」(奥様)
キッチンにいると家全体が見渡せて、2Fのデスクでパソコンをするご主人とキッチンの奥様との会話もスムーズ。
1Fはほぼワンルームだが、玄関から室内が丸見えにならないのがポイント。土間空間はカフェのような非日常的なイメージ。左側にワークスペース、右側にLDKへとつながる畳コーナーが見て取れます。
2Fワークコーナーは、パソコンやミシンがけなど夫妻で共有。子供が成長成長すれば勉強コーナーにもなるだろう。突き当りには通り抜けできる家族の共通収納。
リビングの一角にある手洗いコーナーは、タイル選びにもこだわったお客様にも自慢できる場所。「とても気に入っています」と奥様。

「帰りたくなる家」を望まれていた。
今は小さな息子さんとご夫婦、近い将来4人家族となるため、空間としては吹き抜けを介してどこにいても家族が空気間でつながることを大切にしたいと考えられていた。
また使い勝手が良いこと、ドライフラワーに合う素材の質感も大切にしたいという想いが感じられた。

結果「土間や畳、様々な居場所がある豊かさ」が感じられる、豊かな住まい空間が生まれました。

(本写真画像は全国各地のR+house ネットワーク加盟工務店が施工した物件を撮影したものを同ネットワーク全体の広告宣伝のために使用しているものであり、当該物件が特定の工務店等の施工物件であることを保証するものではありません。)

CONTACT US

0566-36-3883

受付時間 | 10:00~17:00 
定休日:水曜日