ニコット(nicot)|注文住宅を手がける工務店ならニコット(nicot)

CASE

常識をくつがえす、明るい北向きの家

落ち着きと重厚さを併せ持つ黒いガルバリウム鋼鈑の鎧張りで統一した外壁。 南面及び東面は高窓にすることで隣家の視線に配慮しつつ、風を取り入れられるよう配慮。
ダイニングとキッチンを隔てる壁を少なくして、連続感を保った。「キッチンから家族の様子が見えるから助かります」(奥様)
茶室のにじり口のような低い入り口をくぐって入る、階段下収納。お気に入りの椅子を置き、「隠し部屋」のように書斎として利用。
2Fの廊下の一角にデスクを造作して、フリースペースに。子供が大きくなったら勉強コーナーとして使われることを想定。
玄関には上着を掛けられる収納を用意。洗面室に近いので帰ってすぐに手を洗える。
LDKからは北側の風景を望み、四季折々の情感を感じられます。
2F吹き抜けの北側高窓。正面に見える樹木が、美しい...。
建物東面には、外からも屋内からも出入りできる外物倉庫。

分譲地の北西角の区画。
敷地の南東角で旗竿敷地状に道路と接続の、いわゆるくせ地。
建物の配置は車の出入りと駐車を第一に配慮したが、北面以外の3方向を家やお墓に囲まれており視線設計や採光に工夫を凝らした建物。
「自分たちの好きなモノ、好きなデザインに囲まれた生活をイメージし、「小さくても快適に心地よく」「年月を重ねるほど味わいが増す家」との想いを強く持ったお施主様。

隣家の目線が気になる南側には大きな開口を設けず、特別な景色が望める北側にリビング・ダイニング・吹き抜けを設置。吹き抜けには高窓を設けることで、視覚的な明るさを補完しつつ、冬場は日差しの温かさを確保し、同時に夏場には温度差を利用し風の流れをもたらしたプラン。
「南側に大きな窓がなければ暗い」という一定の先入観を払拭できる提案ができたと思う。(建築家)

(本写真画像は全国各地のR+house ネットワーク加盟工務店が施工した物件を撮影したものを同ネットワーク全体の広告宣伝のために使用しているものであり、当該物件が特定の工務店等の施工物件であることを保証するものではありません。)

CONTACT US

0566-36-3883

受付時間 | 10:00~17:00 
定休日:水曜日